dbmaniaとかいう人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活
今日は快晴!5時半くらいからスタート。

前回、千葉で何かに刺され、右足首に直径1cmの傷穴がありながらも

痛みは全く、なくなったので元気に海へ!

太陽の照り返しに波待ちしながら、3時間→休憩10分→3時間。

テイクオフも50%くらいの確立で出来るようになってきました。

神奈川・鵠沼 晴 0.5m~1m 5時半~12時
アクシデンツ
星の砂で有名な、御宿へ。

この日は波が、小さいので片貝海岸へ移動するも、片貝ではサーフィンの大会を

していた為、止む無く、御宿へ逆戻り。

そして5時半くらいからスタート。

しかし、またもや、海の怖さを知るアクシデント!!!

浅瀬の方で、テイクオフの練習をしていたら、いきなり、右足首に超がつくほどの激痛!!!

一瞬、電気が走った感覚がし、右足首に激痛を感じながら、なんとか、岸へ戻ると、

痛みのする個所から血が流れ、しばし、様子を見る。

海岸を散歩していたオジサンに事を話すと、「クラゲなら、2時間くらいで、痛みが取れるよ」

と、その話しを信じ、早く、海に入りたい衝動に駆られながらも、痛みの治まるのを待つ。

しかし、石か何かでガツンガツン殴れているような激痛がずっと、続き、

2時間経過しても痛みが消えるどころか、増す始末。

この日は雨で気温も20度なく、風邪も引いていた状態で、ガクガク震えながら、

仕方なく、ウエットを脱ぎ、服を着替え暖かくして休むことに。

しかし、丸一日以上、寝ていなく、寝不足で眠くてしかたないのに、激痛で

全く、寝ることもできず、かと言って、病院も嫌いなので、そのまま、我慢し放置。

7時間くらいし、帰路にやっと、痛みもなくなり、なんとか一安心。

しかし、この日は初めての千葉だったのに小一時間で終了し、かなり悲しかったです。

千葉・御宿 雨 1m~2m 5時半~6時
おさらい
今日は、パドリング時の重心を置く位置、波の見分け、テイクオフ時のタイミングなど

今までに覚えたことをおさらい。

立つことも、ほぼ、完璧に出来るようになったので、板を叩くことを練習し始める。

神奈川・鵠沼 晴 1m~2m 5時~11時
パワーゾーン
今日は少々、遠場へ遠征。伊豆の白浜です。

と言うのも、いつも一緒に行っている友達の連れ(かなり上手い)が

白浜のいいポイントがあるらしく、現地で落ち合うことに。

鵠沼に比べ、人も少なく、海も綺麗で、この日は波も整っていて、非常に乗り易かったです。

そして、その連れに専門用語を交えながら基本的なことを始めて学ぶ。

パワーゾーンやパドリングのかく位置など。

しかし、覚えの悪いワシは、結局、パドルのかく位置も自身のやり易い位置で落ち着くことに。

静岡・白浜 曇り雨 1.5m~2m 5時~13時
「パワーゾーン」波の中腹。一番、押す力が強いところ。
テイクオフ
まだまだ、パドリングという超基本動作も満足に出来ていないのに一日中、テイクオフの練習。

まっすぐならば、転ぶこともなく、立てるようになってきました。

そして、わずかながらも、乗れる波、乗れない波の区別がつくように。

神奈川・鵠沼 曇り 1m~2m 5時~11時
沖に流される
前回、沖に流される体験をし、サーフィンをやめようか、悩んだのですが

あの「波に立って乗っている快感」が忘れられず、海をナメないことを

思いながら、またもや、着ました。

この時ら辺から、基本を身に付けないと、危ないと、初めて、アタマで理解し、

パドリング、波待ちなどの基本動作をおさらいしながら練習。

と、言いながらも、体力がないのでパドリングをすると、すぐに疲れてしまう為、

連れと同じ、ポイントで波待ち→テイクオフ→転ぶの繰り返し。

基本よりも先にテイクオフの練習をひたすらしてしまいました。

神奈川・鵠沼 晴れ 1m~2m 6時~11時
波待ち
もう、波待ちは、ほぼ、出来るようになりました。

しかし、ここで大事件が!!!

この日は、潮の流れが早く、波も、うねりまくりで、中々、乗れる波の判断が出来ず

ずっと、波を待っていたら、気付けば、メチャクチャ、潮に流され

ちょっと、岸方面へ戻ろうとパドリングをしても、これが、戻らない!!

ばかりか、どんどん、沖へ流されてしまい、ひたすら、パドリングをしまくり疲れて、パニック!!

もう、パドリングをする力もなくなり、「死」がアタマをよぎり、連れに助けを求め、

なんとか、岸へ生還・・・。

このとき、初めて、海の怖さを実感・・・・。

この日を境に完全にテイクオフが出来るようになるまでは、足の着くところや、

スープ付近で波待ちをすることを念頭に置くようになりました。

海は本当にナメちゃいけないものですね。

同時にサーフィンをやめようとも考えました。

神奈川・鵠沼 曇り 1.5m~2m 5時半~11時
「テイクオフ」波に乗ること。波に乗る瞬間。
「スープ」波が崩れた後の白い泡。
昨日の先生のアドバイス
昨日の先生のアドバイスどおり、状態を反らすことを意識して、パドルをしてみる。

しかし、重心を置く、位置が悪いらしく、全く、波に押されず、路頭に迷う。

なので、また、波待ちの練習。

幾度か、練習してるうちに、感覚を掴み、ちょっと怪しいながらも

あれだけ、出来なかったのがウソのように波待ちが出来るようになった。

そして、帰る頃には、もう、ほぼ、波待ちが出来るようになりました。

波待ちが出来るようになって、気付いたのだが、波待ちが出来なくて

足が着くとこで、立って、波待ちをしている人のかっこ悪さを実感。

さらにパドリングの時に水中に手がはいっている時に手をかく事を

怠っていたことに、今更、気付き、パドルが少し楽になった。

神奈川・鵠沼 晴れ 1m~2m 5時半~11時
初サーフィン
記念すべき、初サーフィンとなった日。
(実質、2回目ではあるんですが、初めてやったのは、8年くらい前に1時間くらいだけなので)

たいして、やる気もなく、ボードを借りて、いざ、海へ。
サーフィンに関して、右も左も解らない状態。
友達も何も教えてくれないので、(教えてもらっても何を言ってるか解らない)
ひたすら、波待ちの練習。
しかし、これが出来ない。ひっくり返ってばっかで、恥ずかしいので、
あきらめ、足の届くところで、波待ち・・・。
結局、何度か、ボードに寝ながら、波乗りできるようにはなったので、
膝立ちへ以降。そして、2,3回立てるようにはなりました。
この2、3回、立てたことに気を良くし&もっと上手くなりたいジレンマに駆られサーフィンをマジメにやることを決意。

神奈川・鵠沼 晴れ 1m~1.5m 4時半~12時

-サーフィンとの出会い-
04年8月某日、ワシは、友達と、海へ毎日のように遊びにいっていました。

そして、肌を焼きまくったりと・・・。ふと、友達が言いました。

「たまにはサーフィンでもやるか?」

友達はサーフィン暦10年なのですが、夏限定の”丘”サーファー。

ワシも軽い気持ちで、「ちょっと、やってみっか。簡単に出来んだろ・・」

と、次の日に早速、ボードを借りて、海へと繰り出しました。

しかし!!!これが、全くと言っていい程、出来んのです!!

この出来ないという状況に納得のいかなかったワシは、この日、8時間くらいやりました。

しかし、数回、立つ事は出来たものの、はっきり言って全く出来ず・・・。

これが、きっかけとなり、サーフィンにハマっていったのです。





プロフィール

dbmania

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。